芦刈 勝治(警察大学校学友会会長)御挨拶

 全国の学友会会員の皆様に御挨拶申し上げます。私こと去る6月に学友会会長に再任され二年目を務めることとなりました。引き続きよろしくお願い申し上げます。
 本年、現職の皆様には全国警察一体となって伊勢志摩サミット及び関係閣僚会合開催に伴う警備の万全を図りその任務を完遂されたことに衷心より敬意を表するところです。またそれが終わるや参議院議員選挙違反取締りと、年初来お忙しい日々が続いたことと存じます。
 またOBの皆様にはその豊かな経験を生かし、様々な形で現役会員等に対する協力、支援等に何かと尽力されていることと存じます。
 さて学友会は御承知の通り警察大学校の行う教育訓練や文化体育活動等の支援を行うとともに、会員相互の親睦を図るための会員名簿や機関誌「致遠」の刊行・頒布等の事業を行っております。
 そして最近の新たな施策として、情報の発信や交換のためこのHPを開設したほか次のようなことを行っています。
 会員の交流を促進するため同期会等開催における支援事業の創設(会員ページ内の同期会等開催支援実施要領参照)
 会費納入の利便性に資するため一括納付など会費納入方法の改訂(会費納入のお知らせ参照
 会の事業のより一層の推進のため副会長一名の増強(下記、野邊副会長挨拶参照
 学友会におきましては、今後とも警察大学校に入校する後進への支援と会員の絆の固めに役立つべくなお一層の努力をして参るところです。警察大学校で「同じ釜の飯を食った」学友が、この学友会を在職中は勿論、退職後も人生を送っていくうえでの「寄る辺」の一つにしていただければとの思いです。会員の皆様には今後とも学友会の活動に対する御支援をお願いするとともに、何ら御提言がありましたら忌憚なくお聞かせいただきたいと思います。
 会員皆様の益々の御健勝、御活躍を心よりお祈りし、御挨拶に代えさせていただきます。

太田 裕之(警察大学校学友会副会長)御挨拶

 平成27年6月より学友会副会長をしております太田です。どうぞよろしくお願いいたします。
 警察大学校には昭和54年の警察庁入庁以降、初任幹部科学生、警察政策研究センター所長、特別捜査幹部研修所長、警察大学校長と多くのかかわりを持ってきました。それぞれの立場で学友会にはお世話になりましたが、特に政策研究センター当時は警察政策フォーラムの開催や研究資料の翻訳などに大いにご支援をいただきました。そのようなこともあり、現在は副会長として微力ながら学友会にご恩返しをさせていただいております。
 警察を退職し民間企業で勤務しておりますが、「今、あなたの人生にとって大切なものは何ですか?」と問われれば、それは間違いなく家族を含めた「人と人とのつながり」だと答えるでしょう。もちろんやりがいのある仕事やある程度の資産、社会的立場・教養といったものも大切ですが、年齢を重ねるほど、ともに過ごした「仲間」の存在が大きくなってきたように思います。家族はもとより学生時代の友人や職場での仲間は、利害を超えた存在として確かに私の人生を豊かにしてくれています。教え子や同僚が部長・課長や署長になったときけば我がことのように嬉しく、お邪魔かもしれませんが時には訪ねて行ったりもします。
 警察大学校はそのような「人の縁」を創り出してくれます。私は警察本部長職にあったとき、よくこのようなことを言いました。「全国20数万の警察職員がいる中で、この時にこの場所で仕事を共にするということは決して偶然ではなく、奇跡的な必然なのだ。だからこの縁は財産でありお互いを大切にして仕事に励んでいこう。」と。
 警察大学校の同窓生も同じことです。同じ時期に昇任試験に合格し、選抜され、同じクラスになり勉学を共にする。この縁は奇跡的な縁だと思います。この縁が皆さんの将来や人生にとっていかに大切なものかは、皆さんがそれぞれのステップを歩んでゆくなかで確実に実感していくものかと思います。
 学友会はその縁を確認し、人生を豊かなものとする一助になりたいと思っています。学友会には会員名簿があります。機関紙・致遠もあります。同窓生の仲間が今どこで何をしているのか、どんな悩みや喜びを抱えているのか、都道府県警察の枠を超えてお互いを確認し、助け合うことができるのです。また退職後もそれぞれの郷里を訪ね、旧交を温め、活力を高めることもできるでしょう。
 学友会は警察大学校での生活を充実したものとするための様々な支援活動を行っています。これから入校する後輩たちが、警察大学校で充実した学生生活を送り、皆さんと同じく素晴らしい仲間を得て大切な縁を広げていけるためにも、ぜひ学友会活動にご理解をいただきたいと思います。学友会は、皆さんの力(学友会参加活動、そして会費)で存続していけるのです。学友会の活動(たとえばホームページ掲示板や同窓会補助事業の活用)を通じて皆さんの「縁」がつながり続けることを願っています。

野邊 耕造(警察大学校学友会副会長)御挨拶

 平成21年から学友会の監事として同会の運営に携わってまいりましたが、このたび副会長に選任されました。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 私は、昭和34年に警視庁警察官を拝命し、平成9年春に警視庁警察学校長を最後に退官いたしました。
 警察大学校には昭和49年に本科第45期生として入校し卒業までの1年間、210名の仲間とともに勉学に勤しみ、時には夜の中野の街に繰り出して同期生の絆を深めました。
 また、平成4年には刑事教養部の主任教授を命ぜられ、通常の授業のほか身代金目的誘拐・人質立てこもり事件の対応訓練などで学生の皆さん共々汗を流したことなどを懐かしく思い起こしています。
 振り返ってみますと、現職当時はもとより退職後においても、全国の同期の仲間や、各県警の幹部として勤務されている皆様にお世話になることも多く、警察大学校で培った人とのつながりの大切さとありがたさを実感しています。
 現在においても、毎年学友会から送付される「会員名簿」は私にとっての宝物であり、折に触れて活用させていただいております。また、学友会の機関誌「致遠」には、警察大学校の運営状況、全国警察の動向、同校並びに警察庁幹部の訓示要旨、同校における有識者による講演内容、各県における学友会員の活躍などが掲載されており、毎年の発刊を楽しみにしています。
 学友の皆様! 喜寿を迎えた今改めて感じますのは、いささかでも治安維持の一翼を担うことが出来た喜びと、それを支えていただいた多くの学友の皆様のご支援、ご協力への感謝の気持ちです。
 皆様への恩返しの意味でも、学友会のより一層の発展のため微力を尽くしたいと存じますので、皆様のご理解とご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

学友会からのお知らせ

2016.7.29
更新情報
平成27年度の貸借対照表を公開したほか、会員ページ「会員向け情報」を更新しました。
2016.3.7
更新情報
会費納入のお知らせ」を更新しました。
2016.3.7
更新情報
会員ページ「会員向け情報」及び「同期会だより」に同期会等開催を支援するための「同期会開催支援実施要領」を掲載いたしました。
2015.12.9
更新情報
会費規則」の一部が変更されました。
2015.12.9
更新情報
定款」の一部が変更されました。
2015.12.1
更新情報
思い出の警察大学校」が新設されました。
2015.11.4
更新情報
同期会だより」が会員ページ内に新設されました。
2015.10.8
更新情報
投稿(写真)コーナー」が会員ページ内に新設されました。
2015.6.16
更新情報
平成26年度の貸借対照表を公開したほか、会員ページ「会員向け情報」を更新しました。
2015.4.1
ホームページ開設のお知らせ
このたび、一般財団法人警察大学校学友会は公式ホームページを開設いたしました。